産経ニュース

【高校野球茨城大会】中央・舘拓真投手 兄の背を追い成長「もっと上へ」

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球茨城大会】
中央・舘拓真投手 兄の背を追い成長「もっと上へ」

 「2打席を打ち取った相手。強気にインコースで勝負だ」

 2点を追う四回、1死満塁のピンチで相手の1番打者に投じたボールが甘く入った。はじき返された打球は適時打になりリードを広げられた。最後の夏は2回戦で幕を閉じた。

 投手だった兄2人の背中を追いかけて中央の野球部へ入部。猛練習を重ね、2歳上の次男、歩夢さんから変化球を教わったおかげで、「投球の幅が広がり、エース番号1を勝ち取れた」という。

 「初戦敗退で引退した2人の分まで、一つでも上に勝ち進む」と臨んだ夏の大会。初戦で古豪・水戸商に完封勝利を収めたが、体は悲鳴を上げていた。この日は大会前に痛めた腰が悪化し「思うような投球ができなかった」。スタンドで見守った歩夢さんは「痛かったと思う。本当によく頑張った」と弟をたたえた。

 「もっと上へ、チームも兄も連れて行きたかった」。涙をこらえる背番号1は「この悔しさを上のレベルで晴らしたい」と声を振り絞った。(丸山将)