産経ニュース

「鉄道むすめ」運転してみて 近江鉄道が参加者募集

地方 地方

記事詳細

更新


「鉄道むすめ」運転してみて 近江鉄道が参加者募集

 鉄道への愛着を深めてもらおうと、近江鉄道は9月9日に行う「電車運転体験」の参加者を募集している。今回は、鉄道で働く女性をモチーフにしたキャラクターシリーズ「鉄道むすめ」のラッピング電車を運転できる。

 使用するのは2両編成の800形車両。車両の側面やヘッドマークには、近江鉄道にちなんだ鉄道むすめ「豊郷(とよさと)あかね」が描かれたラッピング電車だ。

 当日は近江鉄道本社(彦根市古沢町)で車両の構造や運転操作の講習を受けた後、彦根駅構内の約80メートルの専用路線で運転体験する。運行状況により、体験車両が変更になる可能性もあるという。近江鉄道は、「電車を運転できる機会はそうそうない。実際に運転してみて、電車をもっと好きになって」としている。

 28日まで、近江鉄道ホームページ上の専用フォームで申し込みを受け付けている。定員25人。申し込み多数の場合は抽選。

 参加資格は小学4年以上で、小学生は保護者同伴。参加費は1人1万円(同伴者1500円)。問い合わせは近江鉄道鉄道営業課(電)0749・22・3303。