産経ニュース

【高校野球栃木大会】栃木工2年・船橋佳夏也投手「夏の反省を秋につなげたい」

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球栃木大会】
栃木工2年・船橋佳夏也投手「夏の反省を秋につなげたい」

 春季県大会ベスト8でシード校として臨んだ栃木工だったが、ノーシードながら上位常連の強豪、文星芸大付のエース佐藤翼から得点を奪えず、2回戦で姿を消した。

 日向野久男監督は「見せ場を作りたかったが、相手投手にやられてしまった」と悔しさをにじませ、主将の3年、北条莉生(りお)も「船橋が踏ん張って2点、3点で抑えてくれたが、打てなくて負けてしまった」と自慢の機動力や長打力を発揮できなかった点を悔やんだ。

 一方、2年生エースの船橋佳夏也(かなや)は「春は良い状態で投げられたが、3年生が(この夏で)終わりと思うと緊張してしまって、初回の入りが悪かった」。初回のピンチは切り抜けたが、三回は二死からの3連打で失点。文星打線相手に好投したものの、踏ん張りきれなかった自分を責めた。

 大会前の背番号発表では番号がもらえなくて泣いている3年生もおり、ベンチ入りできない3年生の分まで負けられないという思いはプレッシャーになった。

 「切り替えが難しかった。自分のせいで3年生の夏を終わらせてしまった」としゃくり上げた。「夏の反省を生かして秋につなげたい」とあふれる涙をぬぐった。 (斎藤有美)