産経ニュース

【高校野球栃木大会】シード小山、延長で散る 文星芸大付、栃木工を完封

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球栃木大会】
シード小山、延長で散る 文星芸大付、栃木工を完封

 第99回全国高校野球選手権栃木大会は大会6日目の14日、県営など3球場で2回戦8試合が行われ、シード校の白鴎大足利や佐野日大、ノーシードの国学院栃木、文星芸大付の強豪私立が勝ち上がり、3回戦へ進んだ。一方、公立校のシード小山、栃木工は2回戦で姿を消した。

 県営球場では、矢板東が2回戦から登場の小山と対戦。先制されたが、六回に追い付き、延長十回、矢板東4番・関谷の右前サヨナラ打で劇的な勝利を飾った。真岡は二回に挙げた1点を守り切り、藤口、桜井の完封リレーで栃木翔南を下した。白鴎大足利は中盤、四死球で得た好機に効率良く適時打が出て得点を重ねた。2試合連続のコールド勝ち。

 宇都宮清原球場では、小山北桜が延長十四回に二死から宮口が決勝本塁打で粘る宇都宮白楊を振り切った。宇都宮白楊は序盤5点をリード。逆転された後も九回に2点差を追い付く粘りをみせたが、及ばなかった。文星芸大付はエース佐藤翼がシードの栃木工を6安打完封。佐野日大は上位下位とも打線が好調で今市工にコールド勝ち。

 栃木市営球場では、足利工が序盤に7点を奪い、終盤、宇都宮東に1点差まで追い上げられたが逃げ切った。ピンチで救援した落合太が落ち着いていた。国学院栃木はコールドで鹿沼を下した。

 15日は3球場で2回戦の残り8試合が行われる。