産経ニュース

観音寺ブランドに9産品 市役所で交付式、認証マークも披露 香川

地方 地方

記事詳細

更新


観音寺ブランドに9産品 市役所で交付式、認証マークも披露 香川

 香川県観音寺市は、地元産の農林水産物やその加工品の販路拡大のため、観音寺ブランド認証制度を設け、第1回の認定書交付式を市役所で行った。白川晴司市長が第1弾となる9産品の業者らに認定書を手渡した。

 認証したのは、えびじゃこ味噌▽金運あん餅雑煮▽さぬきオイルサーディン▽瀬戸内仕立て えび天▽炙りいりこ酒▽いりこちりめんアイス▽あいむす焼▽伊吹いりこ▽セルリー・ミニセルリー。

 生産者グループや製造加工業者などから募集した産品の中から、観音寺ブランド認定委員会(県西讃農業改良普及センター、農協、商工会議所、観光協会などの関係者で構成)が審査して9産品を認定した。

 認定書を交付した白川市長は「全国に自慢できるものばかり。皆さんに喜んでいただけるよう全国的に売り込みをやっていきたい。大いに売り出す中で、市の活性化につながっていけばありがたい」と述べた。

 認証産品は生産者らから募集、審査のうえ、追加していく方針。

 また市は交付式にあわせて認証マークを発表した。同市の名所である銭形砂絵をモチーフにしたデザイン。認証産品が名産品として輝く存在であってもらえるよう「宝物」の文字が目立つように入っている。