産経ニュース

発注工事4件の予定価格に誤り 千葉県、2件再入札へ

地方 地方

記事詳細

更新


発注工事4件の予定価格に誤り 千葉県、2件再入札へ

 県道路環境課は14日、成田土木事務所が5、6月に発注した工事4件で、指名競争入札の予定価格の積算に誤りがあったと発表した。うち落札業者が決まっていた2件では、正しい予定価格で入札を行っていれば別の業者が落札していたといい、入札をやり直すために落札業者との契約を解除。今後、業者への損害賠償金などの協議を進める。

 同課によると、誤りがあったのは同事務所発注の芝山町や成田市などの国道、県道といった舗装道路修繕工事。予定価格の積算過程で、同事務所の20代の男性職員2人が、重機の運搬費算出で過大計上するミスをし、いずれの工事でも予定価格を8万6400円多く積算した。

 うち2件については、落札した業者が工期に入っていたが、正しい予定価格で発注した場合、別の業社が受注する結果になっていたため、契約を解除し今後改めて入札をやり直す。残る2件は、正しい予定価格でも落札業者が変わらなかったり、入札前のため入札を取りやめたりしたという。

 今月7日、県の情報開示で工事の設計書の誤りに気付いた請求者が、同事務所に指摘し発覚した。