産経ニュース

リンゴ「ふじ」発泡酒お披露目 須坂の協議会が試作品 長野

地方 地方

記事詳細

更新


リンゴ「ふじ」発泡酒お披露目 須坂の協議会が試作品 長野

 地元産の果物を使った「フルーツ発泡酒」の製造に取り組んでいる「信州須坂フルーツ発泡酒協議会」(須坂市)は14日、須坂市産のリンゴ「ふじ」を使った発泡酒の試作品を長野市内でお披露目した。

 試作品は、果汁10~50%の5種類。協議会から委託された飲食店経営の「クルークダイニング」(安曇野市)が醸造した。

 試飲した須坂商工会議所の高橋仁美さん(25)は「リンゴの香りがよくて飲みやすい。若い女性にも気に入ってもらえる」と話していた。

 今後、果汁の割合などを決め、須坂市の福祉企業センターの一部を醸造施設に改修した須坂豊丘醸造所で本格的に製造する。今年度は6000リットルを醸造する計画。8月26日には一般を対象とした「お披露目会」を同市内で開催し、市内の飲食店や宿泊施設などで販売する。

 平成32年3月までに市内外の20店舗で提供することを目指している。