産経ニュース

官民協力、にぎわい創出 足利で古店舗活用、おでん屋開店 栃木

地方 地方

記事詳細

更新


官民協力、にぎわい創出 足利で古店舗活用、おでん屋開店 栃木

改装中の店舗内で、「長く愛される店にしたい」と話す木村勲武さん(中央左)と妻の沙和さん(同右)=足利市巴町 改装中の店舗内で、「長く愛される店にしたい」と話す木村勲武さん(中央左)と妻の沙和さん(同右)=足利市巴町

 古店舗は通称北仲通りに面する築70、80年の棟割り長屋の一角。周辺は繊維業で盛んだった頃花街として栄え、昭和20~30年代までは小料理屋やスナックが軒を並べ、芸者衆が行き交っていた。現在も昔ながらの銭湯などがあり、映画のロケ地として知られる。

 今月8日には関係者らがボランティアで古店舗の清掃に汗を流し、開店までにペンキ塗りなどにも精を出した。店名は「もっくもっく」。

 木村さんは「足利を盛り上げたいと思う関係者の協力で、念願の店を開店できることになった。本当にありがたい」と話している。