産経ニュース

九州豪雨 麻生氏「新発想で森林対策を」

地方 地方

記事詳細

更新


九州豪雨 麻生氏「新発想で森林対策を」

 麻生太郎副総理兼財務相は13日、九州豪雨について「梅雨とはいえ、雨がしとしと降る時代は終わり、いきなりの豪雨がやって来るようになった。山間部の護岸対策はこれまでとは違う、新たな発想でやったほうがよい」と語った。

 また、間伐材の伐採が進まないなど、林業の現状も被害を拡大させた要因だとし、森林保全のあり方を見直すよう促した。

 一方、福岡県の小川洋知事は13日、県庁を訪れた麻生氏に、公共土木施設の復旧や災害廃棄物処理に対する国の財政支援を要望した。