産経ニュース

廃棄物から現金4251万円 持ち主特定、相続人に返還 群馬

地方 地方

記事詳細

更新


廃棄物から現金4251万円 持ち主特定、相続人に返還 群馬

 沼田市の廃棄物収集運搬会社の敷地内で4月、廃棄物の中から見つかった現金4251万円について、沼田署が持ち主を特定、前橋市在住の法定相続人にあたる男性会社員(51)に返還していたことが、分かった。

 同署によると、現金の持ち主が死亡後に自宅が取り壊され、そのがれきが同社へ運ばれた。その後、がれきの中から紙袋に入った紙幣が見つかった。紙幣に巻かれた金融機関の帯封の日付と持ち主の口座から多額の現金が引き出された日付が一致したことや、メモの筆跡で持ち主が特定され、6月30日に返還された。

 男性は「お騒がせしました。発見してくれた方に心からお礼申し上げたい」と話しているという。

 発見から3カ月以内に持ち主が特定されなかった場合、現金は同社のものとなっていた。同社では平成21年にも、外国銀行の名前と番号が刻印された重さ約1キロの金の延べ板(当時300万円相当)が見つかり、持ち主特定に至らず、同社のものとなった。