産経ニュース

優美な音色、観客魅了 日本雅楽協会第1回公演 兵庫

地方 地方

記事詳細

更新


優美な音色、観客魅了 日本雅楽協会第1回公演 兵庫

「越天楽」を演奏する日本雅楽協会の会員ら=神戸市中央区 「越天楽」を演奏する日本雅楽協会の会員ら=神戸市中央区

 今年3月に設立された日本雅楽協会の第1回公演が19日、神戸市中央区の湊川神社で行われ、観客約350人が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産でもある伝統芸能「雅楽」の魅力を味わった。

 同神社の神能殿で行われた公演では、民謡「黒田節」のもとになった「越天楽(えてんらく)」と、中国の武人の逸話を描いた「蘭陵王(らんりょうおう)」を上演。観客は能舞台で繰り広げられる優美な音色や勇ましい舞いに見入っていた。

 加古川市の主婦、西川敦子さん(70)は「初めて鑑賞して、穏やかで心地よい音色に感動した。機会があればまた楽しみたい」。生田神社(神戸市中央区)名誉宮司で協会理事長の加藤隆久さん(82)は「外国の方や、雅楽が初めての方にも日本の伝統芸能の良さを感じてもらえたと思う。これからも雅楽を広める活動を続けていきたい」と話した。