産経ニュース

横須賀市長選 立候補者の横顔 神奈川

地方 地方

記事詳細

更新


横須賀市長選 立候補者の横顔 神奈川

吉田雄人氏 吉田雄人氏

 25日の投開票に向けて、舌戦が繰り広げられている横須賀市長選の候補者3氏の横顔を紹介する。(届け出順)

 □林伸明氏(51) 無新・共

 基地問題市民に選択肢を

 「横須賀は基地のまち。基地問題を抜きにした選挙戦はあり得ない」

 市中心部にある米海軍基地や原子力空母配備などの是非を問うため、出馬を決意した。

 「北朝鮮のミサイルが横須賀市を標的にしてもおかしくない。そんな時に基地問題を発信しなくていいのか」と市政に疑問を投げかけ、「市民に選択肢を示そうと考えた」という。

 争点化を狙う基地問題について、「基地や空母はすぐになくせるわけではない」と前置きしつつ、「撤廃に向けた方向性を示したい」と意気込む。

 エネルギー政策に関して、国に対して積極的な発言を目指す。「世界的な流れに逆らって原発再稼働や石炭火力発電を進めている」と安倍晋三政権を批判。東京電力などが同市久里浜で計画している火力発電所新設について「東京湾に火力発電所はさらに必要なのか。ストップさせたい」と強調し、再生可能エネルギーの推進を図る考えだ。

 公約として市民生活と福祉の向上を掲げる。「市は財政調整基金をため込んでいる。基金の一部を活用することで、市内の経済活性化につながるような政策を打ち出したい。市民の暮らしはいくらでもよくできる」とした。

 沖縄の米軍基地の様子を描いた小説を執筆した経験もあり、基地問題をテーマとした絵画を手がけるなど“芸術家肌”の一面もある。

 ハイキングも趣味の一つで、休日には息抜きをかねて「近くの山を3時間ほど歩く」という。横須賀市の魅力を「海と緑に囲まれた豊かな自然環境」として、最近では横浜市の大丸山や横須賀市の鷹取山に出向いた。「体を動かし、健康や体調管理に気をつけている」と笑顔をみせた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 横須賀市長選 立候補者の横顔 神奈川
  • 横須賀市長選 立候補者の横顔 神奈川