産経ニュース

筑後川の「導流堤」、実は「制水工」 地元研究者が調査

地方 地方

記事詳細

更新


筑後川の「導流堤」、実は「制水工」 地元研究者が調査

「制水工」の名称で筑後川の中央に設けられた堤。後に「導流堤」と混同された 「制水工」の名称で筑後川の中央に設けられた堤。後に「導流堤」と混同された

 ■セットで治水効果 後に混同

 明治時代、筑後川の中央に築かれ、その特徴的な姿から、地元で「若津港導流堤」の名で親しまれる石積みの構造物が、建設当時は「制水工」の名だったことが、研究者の調査で分かった。元来、両岸に設けた突堤が「導流堤」だったが、後に混同された。名称の誤りに加え、2種類の構造物で治水効果を上げていた全体像が判明し、明治期の技術を知る上でも貴重な発見といえる。 (九州総局 高瀬真由子)

 現在、導流堤とされるのは、長さ約6・5キロ、幅約11メートルの細長い堤だ。福岡、佐賀の県境に位置する。干潮時にだけ姿を現す「石の道」は、観光スポットとなっている。

 明治時代、筑後川の河口では、水深が大きな問題となっていた。

 筑後川が流れ込む有明海は、干満の差が最大6メートルある。満潮時は、海水が上流へ入り込む。川の流れが緩やかになり、土砂の堆積が著しかった。水深が浅くなれば、大型船は通れない。

 そこで明治政府は、川の流れを速くし、水深を維持する工事に着手した。

 佐賀市のNPO法人「みなくるSAGA」の本間雄治理事によると、設計者の内務省土木技師、石黒五十二が明治19(1886)年、政府に工事計画を提出した。この文書によると、現在、導流堤と呼ばれる構造物に関し、「制水工」という記述があった。

 さらに計画書には「河口の突堤は左右2カ所」「航路の水深を確保する並行堤にして導流堤というも可なり」という説明もあった。

 川の真ん中に築く制水工と、両岸の導流堤が一体となって、流れを速くし水深を保たせる計画だった。

 本間氏は、佐賀に残る文書でも、この事実を裏付けた。佐賀県議会の速記録(明治19年)で、川の中央の構造物は「制水工とも言う」と記され、「並行導流堤」は、河口の左右に築造するという説明があった。

 中央の構造物は、明治23年に完成した。翌24年の治水雑誌や、大正14年の「三潴(みずま)郡史」でも「制水工」と記された。

 明治36年の筑後川改修図では、佐賀県側に3カ所、福岡県側に2カ所、護岸から延びる突起物(突堤)が図示されていた。

 本間氏は国土交通省筑後川河川事務所と連携し、全体像の把握に努めた。現地調査の結果、両岸に幅約10メートル、長さ100~200メートルの、石積みの構造物が残ることを確認した。本来の「導流堤」とみられる。

 では、いつ制水工が導流堤と混同されたのか。

 本間氏によると、昭和6年の土木工学の専門書で、「制水工」が「導流堤」と誤記された。その後の建設省(現国交省)の資料からも、同様の誤りが見つかった。

 こうして川中央の石の道が「導流堤」と呼ばれ、市民に定着した。本来の「導流堤」は、目立たないこともあり、忘れ去られた。

 本間氏は「当時の筑後川河口は、米の一大輸出港だった。この事業は明治期の治水工事の中でも、重要だった。明治維新から150年を迎えるのを前に、公共事業の全体像と、正しい歴史が明らかになった。多くの人に関心を持ってもらう機会になる」と話した。

                   ◇

 ■若津港、物流拠点として繁栄

 鉄道や自動車が普及するまで、川は重要な交通インフラだった。筑後川下流の若津港は、米や麦の輸出に加え、大分・日田地方から川伝いで送られた木材の積出港として栄えた。大小の船が行き来し、物流の一大拠点だった。

 この若津港の発展に、制水工や導流堤は、重要な役割を果たした。

 工事は、オランダ人土木技師のヨハネス・デ・レーケ(1842~1913)が監修した。オランダが培った潅漑(かんがい)・干拓の近代土木技術を導入しようと、当時の内務省が招いた。後に「砂防の父」と呼ばれる。

 設計は現在の石川県出身の石黒五十二(1855~1922)が担った。石黒は、三池港(福岡県大牟田市)など、各地の港湾建設にも携わった。

 地元住民が河川改修を陳情してから明治23年の完成まで、10年かかった。

 水深が確保されたことで、2千トン級の大型船舶の航行が可能になった。若津港周辺は、日本有数の港湾都市として栄えた。

 街の発展とともに、川には橋がかけられ、道路が開通し、市街地は広がった。最盛期の若津港からの輸出額は、博多港の2倍以上に達した。

 だが、海運の発展とともに、外海に面した港の重要性が増す。海外との交易も盛んになる中で、より大きな船で、より大量に物を運べるからだ。筑後川の河口に位置する若津港の拠点性は、徐々に薄れた。

 現在、若津港に往時の賑わいはない。それでも、明治日本の技術を注ぎ込んだ構造物は、治水の役割を果たし続ける。

 今回、名称の混同が判明した「導流堤」は平成20年度、土木学会の選奨土木遺産に選ばれた。