産経ニュース

外国人観光客向け案内動画 トルコ語で和歌山・串本町の歴史や魅力説明    

地方 地方

記事詳細

更新


外国人観光客向け案内動画 トルコ語で和歌山・串本町の歴史や魅力説明    

 串本町を訪れた外国人観光客のため、町地域おこし協力隊が町内の主な観光地の案内動画を始めた。トルコから同隊に参加するアイシェギュル・アルカンさん(26)がトルコ語で観光地を案内する様子は、5月上旬から動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップされている。英語の字幕も今月中に入れる予定という。

 観光地ではよくある問題だが、目的地の駅までたどりついても公共交通機関の案内に外国語が併記されていなかった場合、困惑する外国人観光客も多い。同隊では、スマートフォンでもすぐに使えるように、外国人観光客のための案内動画を作ることを決めた。

 動画は、アルカンさんが町の日本トルコ友好マスコットキャラクター「まぐトル」と町内を巡りながら、バスの乗り方などを説明していく。「まぐトル」は、トルコの衣装を着た町の特産物のマグロという意味だ。

 一行はJR串本駅の改札口から撮影をスタートし、トルコ記念館やトルコ軍艦エルトゥールル号遭難慰霊碑、トルコ共和国初代大統領アタチュルク像、樫野埼灯台などを回り、それぞれの歴史や魅力を説明していく。

 アルカンさんは「トルコの友人から『見たよ』というメールをもらった。単なる観光案内ではなく、串本をPRするツールにもなるのではないか」と話している。