産経ニュース

「黄金の國」号、岩手をPR FDA、21日から運航

地方 地方

記事詳細

更新


「黄金の國」号、岩手をPR FDA、21日から運航

「黄金の國、いわて。」号の機体全景(岩手県地域振興室提供) 「黄金の國、いわて。」号の機体全景(岩手県地域振興室提供)

 地域航空会社「フジドリームエアラインズ」(FDA、本社・静岡市、三輪徳泰(よしひろ)社長)は21日から、ゴールドの機体に県のPRキャラクター「そばっち」のイラストなどを配した「黄金の國、いわて。」号を運航する。

 県が誘客拡大などを目的に、昨年度に続き同機のネーミングライツ(命名権)を取得。今年度はヘッドレストカバーに、今秋に市場デビューする県オリジナル品種米「金色(こんじき)の風」のロゴを使い、その周知も図る。

 同社が開設している路線は、いわて花巻-名古屋(小牧)間など16路線。19日、県庁を訪れた三輪社長は「ゴールドは目立つ。全国を飛び回り、岩手をPRしたい」と意気込みを示した。達増拓也知事も「『黄金の國』号を通じ、岩手へのファンが増えることを期待する」と応じた。

このニュースの写真

  • 「黄金の國」号、岩手をPR FDA、21日から運航