産経ニュース

和光市長選あす投開票 埼玉

地方 地方

記事詳細

更新


和光市長選あす投開票 埼玉

 任期満了に伴う和光市長選は21日に投開票される。ともに無所属で、3選を目指す松本武洋氏(48)と新人で食肉卸会社社長、大沢雄一氏(52)が争っている。

 松本氏は「のびゆく和光~夢と希望が持てるまち」を掲げ、元気な高齢者を増やすための地域包括ケアや企業誘致の推進、北インター東側地区の土地利用適正化の検討などを公約。「未来に向けて夢や希望を実感し、地域でつながる社会をつくりたい」と訴える。

 大沢氏は「みんなのための政治 埼玉県創生」をスローガンに、和光市生まれ和光市育ちを強調。「行財政改革を推進し、住みやすい和光市をつくりたい」と訴え、公的幼稚園と認定こども園の新設、廃棄物処理センターの建設などを公約に掲げている。

 有権者数は13日現在6万6297人。