産経ニュース

世界遺産登録へ「最善尽くす」 沖ノ島の除外資産で岸田外相ら 福岡

地方 地方

記事詳細

更新


世界遺産登録へ「最善尽くす」 沖ノ島の除外資産で岸田外相ら 福岡

岸田外相(右端)に要望書を手渡す福岡県の小川洋知事(左端) 岸田外相(右端)に要望書を手渡す福岡県の小川洋知事(左端)

 福岡県の小川洋知事らは19日、首相官邸などを訪れ、同県の古代遺跡「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界文化遺産登録に政府の支援を要望した。構成資産8件の半数を登録対象から除くよう勧告されたが、小川氏によると、岸田文雄外相は「除外された部分もしっかり働き掛けを続けていきたい」と強調。菅義偉官房長官や松野博一文部科学相も、それぞれ最善を尽くすと約束した。

 福岡県は要望書で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関が除外を求めた4件の構成資産について、登録対象とされた資産と一体の価値を有すると訴え、「できる限り登録が認められるよう努力したい」と政府の後押しを求めた。

 中尾正幸福岡県議会議長は、福岡選出の麻生太郎副総理兼財務相にも面会した。