産経ニュース

思い出の町の情景、写真・映像作品に 奈良県立図書情報館で展覧会

地方 地方

記事詳細

更新


思い出の町の情景、写真・映像作品に 奈良県立図書情報館で展覧会

 生まれ故郷や学生時代を過ごした町に対する思いを、全国のクリエーターが冊子や映像につづった「マチオモイ帖」の展覧会「my home town わたしのマチオモイ帖2017奈良展」が、県立図書情報館(奈良市)で開催されている。30日まで。

 冊子や映像を通じて表現された「町」を感じてもらおうと平成24年から開催し、今年で4回目。ガイドブックなどでは紹介されないクリエーター目線の町の風景や、人の表情などが感じ取れる展覧会となっている。

 会場に並ぶのは、県内外のクリエーターが製作した冊子や映像130点。作者の地元の商店街や神社を紹介したものや、町の様子を切り取った写真集のようなもの、絵本調のものなど、それぞれの“思い”が詰まった作品ばかりだ。担当者は「クリエーター目線で見た『地域』が、どのように発信されているのかを手に取って感じてもらえれば」と話している。

 午前9時~午後8時。月曜休館。入場無料。問い合わせは同館(電)0742・34・2111。