産経ニュース

あま~い“県庁産”蜂蜜 試食会に市民ら行列「香りも柔らかい」 栃木

地方 地方

記事詳細

更新


あま~い“県庁産”蜂蜜 試食会に市民ら行列「香りも柔らかい」 栃木

 県庁周辺のトチノキから蜂蜜を作り、養蜂をPRする「県庁みつばちプロジェクト」は18日、収穫した蜂蜜の試食会を県庁で開いた。今年4月に県庁近くのビル屋上に設置した巣箱から同日朝、巣板を取り出して分離器にかけ、蜂蜜を収穫した。

 蜂蜜の試食には大勢の市民が列を作り、宇都宮市の上野幸司さん(69)は「色も薄く、見た目もさわやかで香りも柔らかい」と話し、同市の小室裕子さん(61)も「口の中ですっと溶けて後に残らない甘さ。トチノキのさわやかさがある」と絶賛した。

 今後、プロジェクトに参加している宇都宮短大付属高校の生徒らが収穫した蜂蜜を利用してカステラやジェラートなどの菓子を作り、6月17日に県庁で開かれる県民の日記念イベントで販売する予定。同校3年の墨山桃枝さん(17)は「トチノキの花の香りがして満足いく出来。お菓子作りは温度の調整が難しいけれど、いっぱい食べてもらえるよう頑張りたい」と意気込んだ。