産経ニュース

日照をフル活用、エコ駅モデルに JR小淵沢駅、山と清流イメージしリニューアル 山梨

地方 地方

記事詳細

更新


日照をフル活用、エコ駅モデルに JR小淵沢駅、山と清流イメージしリニューアル 山梨

 JR中央線の小淵沢駅(北杜市小淵沢町)の新駅舎が7月3日、供用を開始する。国内有数の日照時間を誇る同市の特性を生かし、環境に配慮したJR東日本の「エコステ」のモデル駅となる。屋根にパネルを設置する太陽光発電と太陽熱給湯を、駅構内の電気や暖房に活用する計画だ。同社の県内駅では初の取り組みという。新駅舎は山岳の風景をイメージしたデザインに改められる。 

 ◆太陽光で電力・温水供給

 JR東日本八王子支社によると、新駅舎は同市の駅前整備事業と併せて平成27年度から整備を進めてきた。敷地面積約1707平方メートル、延床面積約980平方メートルで2階建て。1階には市観光案内所とレンタカーの案内所、2階には観光客がくつろげる交流スペースを設ける。エレベーター計3基を設置する。

 同社の「エコステ」は、多様な環境保全技術を駅に導入するもので、これまで都内や東北など8駅で実施している。

 小淵沢駅では、国内有数の日照時間がある同市の特性を生かし、晴天日の日照時間帯の駅消費エネルギーを100%、太陽光発電と太陽熱給湯で賄う。照明など消費電力のほか、冬季には温水をパネルヒーターと床暖房に通し、待合室の暖房に活用する。

 ◆展望デッキを新設

 デザインは、同市小淵沢町の「中村キースへリング美術館」を手がけた北川原温・東京芸術大学教授が監修した。八ケ岳や南アルプスの山々と清流をイメージし、外壁の上部は山に見立てた濃い茶色に。その一部にガラスを施し、清流にみえるように設計した。外装と内装の一部には木材を活用した。屋上には八ケ岳、南アルプス連峰、富士山などのパノラマと夜空が楽しめる展望デッキを新設し、駅の魅力を高める。

 同社の内田海基夫・八王子支社長は18日、甲府市内で会見し、「小淵沢駅は八ケ岳周辺の観光拠点。長野県側とも協力し、北杜市の観光を盛り上げていきたい」と述べた。(昌林龍一)