産経ニュース

兵庫・尼崎城復元へ「一枚瓦」と「一口城主」の寄付募る 

地方 地方

記事詳細

更新


兵庫・尼崎城復元へ「一枚瓦」と「一口城主」の寄付募る 

 尼崎市は18日、平成30年秋の完成を目指し、同市北城内の城址公園で工事が進められている尼崎城の復元プロジェクトで、完成後の城の維持費などに充てるため、19日から寄付金を募ると発表した。寄付金に応じて、瓦の裏に名前などを書き込んだり、先行見学招待券をもらえたりする“特典”がつく。市は「多くの人に協力してもらいたい」とアピールしている。

 募集するのは「一枚瓦寄付」と「一口城主寄付」の2種類。一枚瓦寄付は1口3千円で、希望すれば城の屋根に使用される瓦の裏に名前やメッセージなどを書き込める。一口城主寄付は1口3万円以上が対象で、城内に寄付者の名前や団体名を刻んだパネルを掲示する権利が得られる。30万円以上になると、オープン前の先行見学招待券がプレゼントされる。

 目標額は1億円。一枚瓦寄付で4500万円、一口城主寄付で5千万円、残りをふるさと納税で賄う予定。30年9月29日まで受け付けるが、一枚瓦寄付は目標額に達すると打ち切る。

 一枚瓦寄付は専用の払込取扱票が必要で、郵送で受け取れる。一口城主寄付は市城内まちづくり推進課で受け付ける。問い合わせは同課(電)06・6489・6147。