産経ニュース

停電防止へ電柱カラスの巣撤去 三重

地方 地方

記事詳細

更新


停電防止へ電柱カラスの巣撤去 三重

 中部電力三重支店は、松阪市曽原町で電柱のカラスの巣の撤去作業を公開した。巣に混じった針金やハンガーなどが停電の原因になるといい、毎年、カラスが巣作りする初春~初夏に巣の撤去作業を実施している。

 高さ12メートルの電柱の最上部付近に小枝などで作られた直径約80センチの巣を作業員2人が高所作業車を使い撤去した。この巣は3月上旬に作られ、すでにヒナは巣立ったとみられる。

 同支店によると昨年、県内の電柱4466本でカラスの巣を確認、撤去した。同支店は「巣を見つけたら中電窓口に連絡してほしい」と話している。