産経ニュース

大正~昭和の地図、自由に活用を 兵庫・尼崎市、HPで27点公開

地方 地方

記事詳細

更新


大正~昭和の地図、自由に活用を 兵庫・尼崎市、HPで27点公開

尼崎市が画像データで公開した地図=尼崎市役所 尼崎市が画像データで公開した地図=尼崎市役所

 大正7年から昭和41年までに発行された尼崎市内の地図27点が、同市のホームページで公開されている。町の変遷が比較しやすく、著作権上問題のない地図を選んだ。市は、教育現場や市民らのまちおこし、企業の測量などでの活用を想定している。

 公開された地図は、市立地域研究史料館が所蔵する約3千点から厳選した27点。高精細な画像データで公開しており、出典名を明記するだけで営利目的を含め自由にデータを改変、複製することができる。

 公開された地図のうち、「尼崎市街全図」は、大正5年の市の発足から2年後に発行されたモノクロの地図。阪神尼崎駅南側には市街地が広がる一方、現在は住宅が立ち並ぶ北部は田園だったことが分かる。地名などは右から左に読むように表記されており、歴史を感じさせる。

 一方、市制50周年記念として昭和41年に発行された「尼崎市内地図」はカラー印刷。38年に開通した名神高速道路尼崎インターチェンジや沿岸部の工場地帯が記されるなど、同市の発展を確認することができる。

 市の担当者は「市が発足した直後から高度経済成長にかけての変化を追うことができる。市民や企業に調査やアプリケーションの開発などに活用してほしい」と話している。地図は、市オープンデータカタログサイトからダウンロードできる。問い合わせは同史料館(電)06・6482・5246。