産経ニュース

「以前よりにぎやかなまちへ」ゆめタウン江津がリニューアルオープン 島根

地方 地方

記事詳細

更新


「以前よりにぎやかなまちへ」ゆめタウン江津がリニューアルオープン 島根

 地元企業出資による協同組合運営の商業施設「グリーンモール」(島根県江津市)の経営不振に伴い、地域経済活性化支援機構の事業再生支援を受けた「ゆめタウン江津」が5月2日午前9時、オープンする。同店を運営する「イズミ」(広島市東区)は26日、竣工(しゅんこう)式を開き、リニューアルがほぼ終了した店内を関係者に公開した。

 ゆめタウン江津は、昭和56年から約36年間、営業を続けた旧グリーンモールの経営環境の悪化に伴い、イズミが機構の支援を受け、「ゆめタウン」として再生を図った。島根県内では7つ目の同社店舗となる。

 施設は、鉄筋・鉄骨3階建て(店舗面積約1万平方メートル)と、基本的には旧グリーンモールの建物を活用しながら、約18億8千万円を投じて大規模改修を実施。とくに、食品売り場を増床した。専門店は、旧グリーンモールの45店舗より15店少ない30店舗。16店舗が継続出店し、14店舗が新規出店する。5キロ圏内(約1万5千人)を商圏と想定している。

 イズミは、平成14年に民事再生法の適用を受けた熊本県のスーパーチェーンを手始めに、今回を含め7件の再生を手がけてきた。

 山西泰明社長は「地元の人たちと『まちをよくしたい』という思いを一つにすることが大事。これまでが『復旧』作業で、これから『復興』。元の形に戻すのではなく、以前よりにぎやかなまちにしたい」と話した。

 山下修・江津市長は「店舗が閉鎖されていたこの4カ月間、身近に買い物の場があったことのありがたさが身にしみた住民も多い。中心市街地に豊かな生活環境の場が確保され、市もしっかりサポートに取り組みたい」と期待していた。