産経ニュース

播磨灘でサワラ流し網漁解禁 「大きくて色つや良い」 滋賀

地方 地方

記事詳細

更新


播磨灘でサワラ流し網漁解禁 「大きくて色つや良い」 滋賀

 淡路島西岸の播磨灘で今年度のサワラ流し網漁が解禁となり、21日朝、洲本市五色町鳥飼浦の鳥飼漁港などで初水揚げされた。五色町漁協によると、漁船23隻が出漁し235本が水揚げされた。主に阪神間や四国へ流通し、島内の飲食店でも「淡路島の生サワラ丼」などとして提供される。

 同漁協によると、20日午後6時ごろから漁船が海中に網を入れて回遊するサワラを狙い、1~2時間で網上げした。水揚げは21日早朝から行われ、体長70センチから1メートルを超える新鮮なサワラが次々と運び込まれて港が活気づいた。水揚げされたサワラは発泡スチロールの箱に氷詰めされ、仲買業者に引き取られた。

 漁協によると、近年は漁獲が少ない傾向にあるが、今年度は「スタートとしては平年並み」という。大きなサイズが目立つといい、中には重さ8キロ以上の「特大」サイズもあった。

 同漁協の福島富秋・代表理事組合長は「色つやも良くおいしそうなものが揚がっている。脂がのってまろやかなサワラ特有の味をぜひ楽しんでほしい」と話した。

 漁解禁に合わせ、同漁港では洲本市などが新名物として売り出す「淡路島の生サワラ丼」のPRも行われ、獲れたてのサワラの刺し身を関係者らが試食した。今年は同じく淡路島名物として売り出し中の「淡路島の生しらす」とのグルメ対決イベントが6月30日まで催され、フェイスブック上で人気投票をしてもらうと抽選で30人に淡路島の特産品が当たるという。

 「生サワラ丼」は今週末から島内25店舗で「あぶり丼」「タタキ丼」「漬け丼」「親子丼」などさまざまなメニューで提供される。問い合わせは淡路島サワラ食文化推進協議会(電)0799・30・4066。