産経ニュース

花や夏野菜の苗ずらり 香川・小豆島で「春の大師市」

地方 地方

記事詳細

更新


花や夏野菜の苗ずらり 香川・小豆島で「春の大師市」

 弘法大師・空海の命日にちなむ「春の大師市」が21日、香川県土庄町の小豆島霊場58番札所・西光寺と門前町となる商店街で開かれ、参拝と買い物に大勢の人が訪れた。

 同寺の大師市は大正時代に始まった。露店に並ぶ観賞用の花や果樹の苗が多いことから“花の市”となっており、12月の「霜月大師市」とともに広く島民に親しまれている。

 参拝客らは同寺の本堂まで進んで線香を手向け、家内の安全や繁栄、健康などを祈願。境内で檀家(だんか)が用意した甘酒のお接待を受けて門前の市へと繰り出していた。

 市には花を咲かせる庭木や柑橘(かんきつ)類の苗木、観賞用の花が色とりどりに並び、夏野菜のナスやトマト、トウモロコシなどの苗やサトイモやショウガの根もの、サツマイモのつるなどを求める人らが、店主に植え方を聞くなどして買っていた。