産経ニュース

高安「声援温かかった」 大相撲「水戸場所」に3500人

地方 地方

記事詳細

更新


高安「声援温かかった」 大相撲「水戸場所」に3500人

 大相撲の春巡業「水戸場所」が21日、水戸市水府町の市青柳公園市民体育館で行われ、約3500人の相撲ファンが詰めかけた。

 春場所で負傷した牛久市出身の横綱稀勢の里は欠場したが、16日の常陸大宮場所に欠場した横綱白鵬が復帰し、土浦市出身の関脇高安らとともに観客から大きな声援を受けていた。

 この日は地元小学生約35人との稽古に高安が登場。小学生が高安に豪快な下手投げを決めると、会場は盛大な拍手に包まれた。

 禁じ手などをユーモラスに紹介する「初切(しょっきり)」では、大洗町出身の幕下天空海(あくあ)らが会場の笑いを誘っていた。

 取組では、来場所での大関取りがかかる高安が、常陸大宮場所に続き関脇琴奨菊を上手投げで下し、順調な仕上がりを見せた。高安は記者団に対し「声援が温かかった。(来場所で)結果を出して、地元の人たちに喜んでもらいたい」と語った。