産経ニュース

ツール・ド・とちぎ、来年の日程を変更 県公館で地方創生会議

地方 地方

記事詳細

更新


ツール・ド・とちぎ、来年の日程を変更 県公館で地方創生会議

 県は21日、とちぎ地方創生推進会議を県公館で開き、県内全域をコースとし、国内外のトップ選手らが出場した自転車ロードレース「ツール・ド・とちぎ」の第2回大会を当初予定していた来年3月上旬から中下旬に変更することを明らかにした。

 3月31日~4月2日に開かれたツール・ド・とちぎには、当初目標の6万人を上回る6万6千人の観客が集まった。

 事前の実行委員会では、第2回大会の日程を平成30年3月9~11日で了承していたが、担当者は「見直すべきところは見直す。今年のレースを基に雪の状況などから判断した」と説明した。

 同会議では、退職者の知見を生かす仕組みづくりを支援する「栃木ふるさと支援センター(仮称)」やUIJターンの促進などについて各市町の代表者らと意見を交換した。