産経ニュース

大宮駅東口「OMテラス」23日に開放 待ち合わせやイベントに 埼玉

地方 地方

記事詳細

更新


大宮駅東口「OMテラス」23日に開放 待ち合わせやイベントに 埼玉

 JR大宮駅東口前のスペースに、イベントや待ち合わせなどに利用できる多目的複合施設「OM TERRACE(オー・エム・テラス)」が登場する。23日の内覧会終了後、午後4時から一般開放される。

 さいたま市によると、27~30日に市内で開催される「世界盆栽大会inさいたま」や東京五輪・パラリンピックなどの世界的イベントなどで市を訪れる観光客らをもてなす施設として活用するのが狙いで、施設名称の「OM」には「おもてなし」「おおみや」などの意味が込められている。

 建築面積は173平方メートル。テラスとなっている屋上部分はベンチや公衆無線LAN環境が整備され、イベント開催時以外は待ち合わせ場所や休憩場所として自由に利用できる。

 トイレは市設置の屋外トイレでは初となる温水洗浄便座を完備し、女性用個室3室は全てベビーカーが入る広さを確保。また、24台分のコミュニティサイクルポートを設置し、夜間でも安心して利用できるよう、防犯カメラによる24時間の監視を行うとしている。