産経ニュース

奈良市出身・山嵜監督 初の劇場映画 「ヴァンパイアナイト」来月公開

地方 地方

記事詳細

更新


奈良市出身・山嵜監督 初の劇場映画 「ヴァンパイアナイト」来月公開

 奈良市出身の映画監督、山嵜晋平さん(37)=東京在住=が手がけた初の劇場映画「ヴァンパイアナイト」が5月、東京や大阪などで公開される。吸血鬼の宿を舞台とするホラーアクションで、「不思議なヴァンパイア映画」(山嵜さん)という。山嵜さんは日本映画学校卒業後、「楽映舎」で制作部としてスタート。三池崇史監督らのもとで学び、助監督などとして活躍してきた。

 「ヴァンパイアナイト」の主演は柳ゆり菜さん。ストーリーは山奥の温泉旅館を訪れた人たちが憩う中、謎の客が銃を発砲。弾丸が当たった仲居の正体は吸血鬼だった…というもので、「ホラーかと思えばコメディー、コメディーかと思えばヒューマンドラマ」という不思議な作品という。

 初の劇場映画となり、山嵜さんは「すごく感慨深くてうれしい。ヴァンパイアが普通の生き物だったらどんな感じかと思った」と話している。大阪では5月13日、シネマート心斎橋で公開予定。