産経ニュース

「青春18きっぷ」ポスター26年分 県立美術館で展示 奈良

地方 地方

記事詳細

更新


「青春18きっぷ」ポスター26年分 県立美術館で展示 奈良

 JRグループ旅客各社で販売される特別企画乗車券「青春18きっぷ」の約26年分のポスターを展示する「『青春18きっぷ』ポスター紀行」が、県立美術館で開かれている。

 「青春18きっぷ」は春、夏、冬の各季節に期間限定販売され、JR全線の普通列車と快速列車が1日乗り放題となる乗車券。在来線や電車旅の魅力を伝えようと、約26年分のポスター約70点を2期に分け紹介する。ポスターを手がけるアートディレクターの込山富秀さんは「街がどんどん均一化する昨今の日本で、それぞれに違う景色や風土を楽しんでみてほしい」と話す。

 「きっと、私に似ている人がいる」や「なんでだろう。涙がでた。」など、目をひくキャッチコピーと、美しい風景や駅舎などを写した写真がずらり。思わず旅に出たくなる作品ばかりだ。

 大和郡山市の民俗写真家、田中眞人さん(66)は「キャッチコピーにとてもあった風景ばかり。写真一枚でその土地の風土や文化がみてとれる」と話していた。

 I期は5月7日まで。II期は同9日~21日まで。月曜休館だが、5月1日は開館。午前9時~午後5時まで。問い合わせは同美術館(電)0742・23・3968。