産経ニュース

「東京五輪でメダル目指す」 カヌー・矢沢選手が青森知事表敬

地方 地方

記事詳細

更新


「東京五輪でメダル目指す」 カヌー・矢沢選手が青森知事表敬

 北京、ロンドン、リオデジャネイロ五輪カヌー日本代表で西目屋村に移住した矢沢一輝選手(28)=長野県飯田市出身=が県庁を訪れ、三村申吾知事に対して、同村を拠点に東京五輪を目指す意気込みを語った。三村知事はカヌー競技の普及に期待感を示すとともに、矢沢選手を激励した。

 僧侶を務めながら五輪に出場したことで話題となった矢沢選手は、競技施設が整備され、練習環境が整っている同村への移住を決断。今月11日から村教育委員会の臨時職員として勤務する傍ら、東京五輪を目指している。

 矢沢選手は「東京五輪でメダル獲得を目指すとともに、村だけでなく、県全体にカヌーを普及させたい」と意欲を示した。同席した関和典村長も「後進の指導を通して、村からカヌー選手を輩出したい」と語った。

 矢沢選手は5月まで村でトレーニングした後、欧州に遠征。6月に帰村し、8月からの欧州でのワールドカップ、世界選手権に臨む。