産経ニュース

衆院区割り 豊島・新宿分割、15選挙区で変更 有権者の混乱懸念

地方 地方

記事詳細

更新


衆院区割り 豊島・新宿分割、15選挙区で変更 有権者の混乱懸念

 衆院選挙区画定審議会が19日に勧告した区割り改定案で、都内の特別区23区内の17選挙区のうち豊島区や新宿区などが分割されるなど、15選挙区で変更があった。次期総選挙へ向けて各陣営は新たな対策を迫られ、有権者の間には混乱が生じそうだ。

 主な変更のうち、10区は豊島区の東部地域を除き新宿区と中野区の一部を合わせて新10区とした。豊島区の高野之夫区長は、「ひとつの選挙区に収まっていた豊島区が分割されたうえ、新たな選挙区も複雑なため非常に戸惑っている」とのコメントを発表。

 11区では、板橋区の新河岸川の北側区域が除かれて新11区として提示された。板橋区の坂本健区長は、「非常に残念な思いもあるが、有権者の持つ一票の価値の是正は必要なことである」と一定の理解を示した。

 このほか、1区は新宿区の落合地域と港区の新橋虎ノ門地域を除き新1区とし、2区では台東区の一部を除いて新橋虎ノ門地域を編入して新2区とするなどの案が示された。