産経ニュース

福井の新ブランド米名称「いちほまれ」に決まる

地方 地方

記事詳細

更新


福井の新ブランド米名称「いちほまれ」に決まる

 県は19日、「ポストこしひかり」として開発した新ブランド米の名称が「いちほまれ」に決まったと発表した。「日本一おいしい誉れ高きお米になってほしい」と思いが込められており、西川一誠知事は「消費者に愛される日本一のブランドにしたい」と意欲を見せた。

 県は田植え式を5月15日に行い、8月にロゴ・米袋のデザインを発表。9月中旬ごろに収穫し、10月ごろから約600トンを試験販売する。平成30年産米から本格販売する予定だ。

 全国最多の収穫量を誇るコシヒカリは、県農業試験場が昭和31年に全国で初めて開発したが、知名度で他県産コシヒカリに後れを取ってきた。このため県は高品質の新銘柄を目指し、平成23年から開発を始めていた。

 名称は昨年12月から今年1月に公募。10万7652件から選考し、福井ゆかりの有識者5人による最終審査で福井市内の50代の男性の名称を選んだ。

 この日、東京都内と県庁の2会場で発表会が開かれ、県庁での発表会ではJA県中央会役員や生産者ら関係者約80人が出席。石塚博英副知事は「コシヒカリを生んだ福井が技術の粋を集めて生み出した」と紹介し、白さと艶▽優しい甘さ▽粒感と粘りの調和が特徴と説明。県内6地区(生産者131人)の生産者代表に種子を伝達し「経験と技を発揮して生産してほしい」と述べた。

 生産者代表の坂井地区の田中利男さん(68)=坂井市坂井町福島=が「だれもが読めるよい名前。日本一のブランド米になるよう精いっぱいがんばります」と意欲を示した。

 東京都内では米卸業者や米穀店、料理人の関係者ら約120人が出席。西川知事や田波俊明JA県中央会長、ブランド化戦略会議の服部幸應委員長があいさつし、試食会も行われた。