産経ニュース

児童施設発言で群馬知事「先頭で子供支援」 太田市長に反論

地方 地方

記事詳細

更新


児童施設発言で群馬知事「先頭で子供支援」 太田市長に反論

 児童養護施設の支援活動を行う前橋市の会社員、河村正剛さん(43)が18日に清水聖義太田市長と意見交換をした際、清水市長が、施設支援について「広域的な仕事は本来は県の仕事で、その認識がないのは残念」と発言し、これを本紙を含む一部メディアが報じたことに、大沢正明知事は19日、定例会見の冒頭で「県でも精力的に取り組んでいる」と反論した。

 清水市長の発言は、河村さんが同市役所を訪れ清水市長と、養護下にある子供の支援について意見交換した際に出た。

 大沢知事は、県が児童養護施設退所者のうち、大学進学者や就職者を対象に、家賃などを貸し付けていることや、施設整備や運営で金銭的に支援していることを説明。その上で、「国や市町村とも連携し、先頭に立って取り組んでいる。誤解のないようにしてもらいたい」と強調した。