産経ニュース

西鉄「8000形」引退へ 旅人と水都、今夏車両変更 福岡

地方 地方

記事詳細

更新


西鉄「8000形」引退へ 旅人と水都、今夏車両変更 福岡

西鉄が8000形で運行する観光列車「旅人」 西鉄が8000形で運行する観光列車「旅人」

 西日本鉄道が観光列車「旅人(たびと)」と「水都(すいと)」を今夏、現在の「8000形」から別の車両に変更することが11日、分かった。かつて西鉄の看板電車だった「8000形」は、完全に引退する。

 「8000形」は平成元年、西鉄の創業80周年を記念して6編成(1編成6両)を導入した。先頭部分の流線形のデザインが目を引き、先頭車両の前部からの眺めが良い。

 ただ、老朽化が進み、西鉄は、徐々に引退させた。現在は、観光列車の旅人(平成26年3月導入)と、水都(27年10月導入)の2編成だけが、現役で走っている。

 西鉄は、観光列車部門の強化を目指し、旅人と水都の車両変更を決めた。6000形や3000形の使用が想定されるという。

 西鉄は今回のモデルチェンジで、30年度中に導入する3本目の観光列車と合わせ、さらなる観光客の呼び水にしたい考えだ。

 西鉄の鉄道車両の主力は5000形で、現在、39編成(133両)が在籍する(28年3月末現在)。今年3月に新型車両「9000形」を導入した。