産経ニュース

郵便局で顧客の預金1300万円着服、横領容疑で39歳元局員逮捕 「FX投資に使った」 県警が追及、合計額は8200万円か 

地方 地方

記事詳細

更新


郵便局で顧客の預金1300万円着服、横領容疑で39歳元局員逮捕 「FX投資に使った」 県警が追及、合計額は8200万円か 

 勤務先だった郵便局で顧客の貯金約1300万円を着服したとして、千葉県警茂原署などは10日、業務上横領容疑で茂原市本納にある本納郵便局の元主任、鈴木昭彦容疑者(39)=千葉市中央区弁天=を逮捕した。

 県警によると、鈴木容疑者は容疑を認め、「FX(外国為替証拠金取引)への投資や、損失の穴埋めに使った」などと供述しているという。平成26年11月からの約1年間で約10人から少なくても計8200万円を横領したとみられ、県警が余罪を調べている。

 逮捕容疑は、同郵便局で外回りの営業などを行っていた26年11月13日から翌27年1月8日までの間、3回にわたり、顧客から通帳などを預かり貯金を引き出すといった手口で、県内の71歳と60歳の2人の女性の貯金口座から計約1300万円を着服したとしている。日本郵便関東支社によると、被害は全額弁済されたという。

続きを読む