産経ニュース

県内5市異常なし 野鳥監視区域解除 埼玉

地方 地方

記事詳細

更新


県内5市異常なし 野鳥監視区域解除 埼玉

 県は21日、東京都足立区で高病原性鳥インフルエンザのオナガガモが回収されたことを受け、環境省が県内5市を含む10キロ圏内で指定していた野鳥監視重点区域が同日午前0時で解除されたと発表した。

 重点区域に含まれていたのは川口、草加、八潮、三郷、吉川の5市。県みどり自然課などが指定後、定期的に巡視した結果、野鳥の衰弱など異常は認められなかったという。