産経ニュース

捜査に貢献「お疲れさま」 警察犬4頭を埋葬し慰霊 東京

地方 地方

記事詳細

更新


捜査に貢献「お疲れさま」 警察犬4頭を埋葬し慰霊 東京

 犯罪捜査や人命救助に活躍した警察犬の慰霊祭が20日、板橋区の「東京家畜博愛院」で開かれ、警視庁鑑識課の担当者ら約20人が参列し、慰霊碑に手を合わせた。

 新たに埋葬された警察犬は4頭。7歳8カ月で死んだ雌のジャーマンシェパード「ベン号」は、平成27年11月、八王子市内で行方不明になった当時8歳の女児の捜索活動に出動。運動靴のにおいを頼りに追跡し、女児を無事発見した。「ナップ号」「イマーク号」「ベンツ号」の3頭も事件の早期解決に貢献した。

 渡会幸治鑑識課長は「鑑識課の一員として昼夜を問わず活動し、多大な捜査結果をもたらしてくれた。ありがとう、お疲れさまという感謝の気持ちをこめて供養した」と述べた。

 慰霊碑は昭和43年に建立。現在は246頭の警察犬が眠っている。