産経ニュース

バックス、プレーオフ準決勝へ

地方 地方

記事詳細

更新


バックス、プレーオフ準決勝へ

 アイスホッケー・アジアリーグのプレーオフ1回戦が始まり、レギュラーリーグ6位の栃木日光アイスバックスは18、19日、白鳥王子アイスアリーナ(北海道苫小牧市)で同3位の王子イーグルスと対戦。18日は延長戦を制し、19日も点を取り合う展開を競り勝って連勝。プレーオフ準決勝進出を決めた。

 プレーオフ1回戦は3戦2勝先勝方式。18日は、先に点を取られても粘り強く追い付く展開で、第3ピリオドにはルーキー、FW古橋真来(まくる)のゴールで一時勝ち越した。同点とされた後の延長でも古橋が決勝ゴールを決めて競り勝った。

 19日は、第3ピリオドにDF佐藤大翔(ひろと)、DFケビン・ミッチェル、FW斎藤哲也が次々とゴールを決め、主導権を握った。終盤追い上げられたが逃げ切り、準優勝した2011-12年シーズン以来5季ぶりのプレーオフ準決勝進出を決めた。

 準決勝は25日から、5戦3勝先勝方式でレギュラーリーグ2位サハリン(ロシア)と対戦する。