産経ニュース

佐賀県と九州電力、使用済み燃料税導入で一致

地方 地方

記事詳細

更新


佐賀県と九州電力、使用済み燃料税導入で一致

 佐賀県と九州電力が、九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)で貯蔵されている使用済み核燃料に新税を導入する方向で一致したことが分かった。税率などは今後調整する。立地する玄海町も導入を決めている。総務省によると、県の課税が実現すれば原発が立地する道県と市町村のいずれもが使用済み燃料に課税する初めてのケースとなる。