産経ニュース

【センバツ】熊本工にホーム遠く、初戦敗退

地方 地方

記事詳細

更新

【センバツ】
熊本工にホーム遠く、初戦敗退

 第89回選抜高校野球大会初日の19日、熊本工(熊本)は第3試合で前年度優勝の智弁学園(奈良)と対戦した。序盤から智弁学園に得点を許し、六回には失策も絡み3失点。打線も奮わず、0-9の完敗を喫し、10年ぶりの春は無念の初戦敗退となった。

 ●…熊本工の先発・山口は一回、先頭打者に四球を与え、1死三塁とされた後、相手の3番打者・西岡に右前へ運ばれて先制を許す。三回にも1死一塁から西岡に右越え二塁打を浴び0-2とされ、五回には暴投で1点、続く六回には守備の乱れから一気に3点を献上し0-6と苦しい展開に。山口の父、護高さん(45)は「相手は前年度優勝校だが、いつも通りの投球をしてほしい」と見守る。

 ●…得点の足がかりをつかみたい熊本工だが、相手投手のコースを丁寧に突く投球に四回まで無安打。五回に、8番・庵本が中前にチーム初安打を放つも後が続かない。野球部員の宮崎龍さん(16)は「いつものプレーをしてほしい」と必死で声援を送る。

 ●…苦しい展開にマネジャーの上村茉由さん(17)は「熊工らしくつなぐ打撃で好機をものにしてくれれば」と祈る思いでグラウンドを見つめる。だが、七回の2死一、二塁の好機も無得点。八、九回も反撃に転ずることができずに力尽きた。

                   ◇

 九州・山口県勢では、大会3日目の第1試合で福岡大大濠(福岡)が創志学園(岡山)、4日目の第2試合で秀岳館(熊本)が高田商(奈良)、5日目の第1試合で東海大福岡(福岡)が神戸国際大付(兵庫)、6日目の第1試合で宇部鴻城(山口)が大阪桐蔭(大阪)と、それぞれ対戦する。