産経ニュース

【甲信越ある記】甲府市愛宕山 駅前から気軽に低山ハイク

地方 地方

記事詳細

更新

【甲信越ある記】
甲府市愛宕山 駅前から気軽に低山ハイク

 空にはヒバリがチュン、チュンさえずり、下はレンゲ、タンポポの花盛り。麦が青々と伸びて、ナタネの花が彩って…。

 14日に死去した俳優の渡瀬恒彦さんが9年前、上方落語の師匠役を好演したNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」。その師匠の十八番として、ドラマでも何度も登場した「愛宕山」の一節だ。

 京都の郊外で春の山歩きを楽しむ旦那と、取り巻きの幇間(ほうかん)が繰り広げる“陽気な道中”を描いた一席。

 同名の山は全国各地にある。甲府市の愛宕山は、市街地に面した標高427メートルの低山だ。レンゲ、タンポポにはちょっと早いが、散歩がてら登ってみた。

 JR甲府駅北口から山梨英和中学校・高校へ。学校の脇から登山道に向かう。駅と頂上との高低差は150メートルくらいだろうか。県庁所在地の玄関駅から、こんな近くにハイキングのできる山があるまちは、他になかなかないと思う。コンパクトな県都、甲府の良さだろう。

 いきなり、かなりの急勾配が続く。市水道局の配水場を横目に登っていく。道が細くなり、左右を木々に覆われると中腹だ。一気に上り詰めれば、県科学館の建つ頂上に到達する。所要30分ほど。地図を見ると、駅から直線距離で1キロに満たない位置だ。それでも結構息が荒くなっている。

 登山のごほうびは何といっても、科学館の展望台から見る甲府盆地の眺望だ。「東京スカイツリー」(高さ634メートル)よりはるかに低いが、甲府には高層ビルがほとんどないから、かなり高所に上がった感覚が味わえる。

 南側には御坂山地から真っ白な“頭”を出した富士山。西側は南アルプス連峰の根雪が陽に映える。真下の傾斜地にはブドウ棚が広がる。

 ところで、辞書で「愛宕」の由来を調べると、防火の意味があるようだ。市によると、麓の愛宕神社には、武田家の時代から、鬼門よけの守護神が祭られてきた。愛宕山は京都も甲府も、まちの安全を見守ってきたありがたい山だ。

 帰路は北側の武田神社方面へ。「愛宕山スカイライン」を歩く。歩道も整備されている。市街地を見下ろしながら、新緑や紅葉を満喫できる。もちろん、ドライブにもお勧めだ。(中川真)

                   ◇

 ■愛宕山 本記のルートのほか、JR身延線金手駅からブドウ畑や高台の住宅街を抜けて登る方法もある。周辺には県立愛宕山少年自然の家・こどもの国などの施設も。山の真下を県道(山の手通り)の「愛宕トンネル」が貫く。