産経ニュース

【私のイチ押し】岩井の胡麻油・岩井徹太郎社長 ロカボダイエット

地方 地方

記事詳細

更新

【私のイチ押し】
岩井の胡麻油・岩井徹太郎社長 ロカボダイエット

 ■運動と一緒に 調子も万全

 痛風などの予備軍にあると医師から指摘されたこともあり、ロカボ(=ローカーボハイドレート、低炭水化物)ダイエットに取り組んでいます。ピーク時は77キロありましたが、ベスト体重は68キロといわれ、まずは70キロを目指しています。

 この1年間、食事の際、魚や肉は従来通りとる一方で、主食のご飯やパン、麺を半分にしたり、寝る2時間前からは食事をとらないなど、糖質や炭水化物の摂取を抑える取り組みを続けています。取引先との外食も多いのですが、糖質などを極力とらないようにしています。もっとも、あまり神経質になってしまうと続かなくなるので、マイペースで取り組んでいます。

 加えて、毎朝6時25分からラジオ体操を行うほか、自分で「グリグリ体操」と呼んでいるのですが、肩回しや両手を前後にしたり、ストレッチをしたりするなど、20分ほど体を動かしています。

 ダイエットと運動の効果があったのか、現在、71キロまで落とすことができ、調子も万全です。現役を退いた後に、クルーザーで海を楽しむといった夢を持っており、健康と体力づくりのためにもダイエットと運動を続けていきたいです。

 【メモ】昭和19年生まれの72歳。慶応大学商学部卒業後、昭和42年、伊勢丹に入社。パリ駐在所長、モスキーノ・ジャパン社長などを経て、岩井の胡麻油入社。平成17年5月から現職。「数年前に、ごま油市場はオリーブオイルに抜かれた。ただ、少しかけるだけで料理がおいしくなることもあり、試食会などを積極的に開催し、ごま油をもっと身近に感じてもらい、需要拡大に努めたい」