産経ニュース

【ゆるキャラ復権】納豆の消費額は全国首位奪還したのに…水戸の名誉かけ、市公認「みとちゃん」復権へ本腰

地方 地方

記事詳細

更新

【ゆるキャラ復権】
納豆の消費額は全国首位奪還したのに…水戸の名誉かけ、市公認「みとちゃん」復権へ本腰

水戸市のマスコットキャラクター「みとちゃん」(水戸市提供) 水戸市のマスコットキャラクター「みとちゃん」(水戸市提供)

 全国のネット投票で首位だった「みきゃん」(愛媛県)が、静岡・浜松市での決戦投票で地元の「出世大名家康くん」に逆転負けするという激戦になった昨年の「ゆるキャラグランプリ(GP)」。この1400体以上がエントリーしたGPの首位争いの影で、茨城県で県内の出場組同士の熱戦が繰り広げられていた。首位から大差で3位に転落し、県都の意地をかけて早くも今年のリベンジに燃える「みとちゃん」を追った。

 茨城の県都で、全国を代表する納豆の生産地として知られる水戸市。今年2月に発表された平成28年の1世帯(2人以上)当たりの都市別納豆消費額が、26年首位の福島市、27年1~4位の福島、前橋、盛岡、山形市を抑えて3年ぶりに全国首位を奪還した。

 だが、昨年のGPに茨城県内からエントリーした28体のうち、水戸市公認の「みとちゃん」が前年の県内トップから3位に転落する番狂わせに。おまけに得票数は、1位の神栖市公認の「カミスココくん」の10万ポイント超に対し、みとちゃんは3万ポイントにも届かず大敗。

 ちなみに、茨城県1位のカスミココくんは全国50位、2位は「稲敷いなのすけ」で全国138位、みとちゃんは141位だった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 納豆の消費額は全国首位奪還したのに…水戸の名誉かけ、市公認「みとちゃん」復権へ本腰
  • 納豆の消費額は全国首位奪還したのに…水戸の名誉かけ、市公認「みとちゃん」復権へ本腰
  • 納豆の消費額は全国首位奪還したのに…水戸の名誉かけ、市公認「みとちゃん」復権へ本腰
  • 納豆の消費額は全国首位奪還したのに…水戸の名誉かけ、市公認「みとちゃん」復権へ本腰
  • 納豆の消費額は全国首位奪還したのに…水戸の名誉かけ、市公認「みとちゃん」復権へ本腰
  • 納豆の消費額は全国首位奪還したのに…水戸の名誉かけ、市公認「みとちゃん」復権へ本腰
  • 納豆の消費額は全国首位奪還したのに…水戸の名誉かけ、市公認「みとちゃん」復権へ本腰