産経ニュース

草加市議の政活費半減 市議会特別委、22日に議案提出 埼玉

地方 地方

記事詳細

更新


草加市議の政活費半減 市議会特別委、22日に議案提出 埼玉

 草加市議会の議会改革特別委員会は、議員1人当たりの政務活動費を月額9万円から5万円にほぼ半減する政活費交付条例改正案をまとめ、3月議会最終日の22日の本会議に提出することを決めた。可決されると4月から実施され、議員総数28人で年間最大1344万円の減額になる。

 同市議会は昨年12月に特別委を発足。全4会派から10委員を選出し、元兵庫県議や富山市議の不正支出でクローズアップされた政活費の額や透明性確保などを調査研究。人口20万~30万人の同規模自治体の例などを参考に、全会一致で月額4万円の減額を決めた。

 透明性を確保するため、政活費の領収書について、現状は情報公開請求に対してのみ公開しているが、28年度分からすべての提出書類を議会事務局で閲覧できるようにするほか、市議会公式サイトでも公開することになった。

 同市議会では交通費などの費用弁償の支給も24年4月から廃止されている。