産経ニュース

8万7000人が津波避難訓練 静岡の沿岸18市町

地方 地方

記事詳細

更新


8万7000人が津波避難訓練 静岡の沿岸18市町

 県内沿岸部の18市町で12日、住民や自主防災組織の約8万7千人が参加して津波避難訓練が実施された。参加者は津波避難タワーなどの避難場所や避難路を確認したほか、自主防災組織による避難時間の計測も行われた。

 静岡市駿河区の用宗地区では、大津波警報発令の同報無線を受け、住民ら約150人が津波避難タワーのある公園に避難を開始。10分ほどで全員が避難を完了したが、用宗町内会の大高圭介副会長(69)は「用宗漁港周辺は地震発生から数分以内に津波に襲われる危険性が高い地域。3・11から6年がたち、訓練参加率も落ちてきている」と危機感をにじませた。

 本県では、東日本大震災が発生した3月11日を含む10日間を「津波対策推進旬間」と定めており、沿岸部の21市町全てで津波避難訓練を実施している。牧之原・焼津・浜松・湖西の4市では、11日までに夜間の避難訓練も行われた。