産経ニュース

大阪国際女子マラソンで復活V・重友選手おめでとう! 備前に懸垂幕

地方 地方

記事詳細

更新


大阪国際女子マラソンで復活V・重友選手おめでとう! 備前に懸垂幕

 1月に行われた「第36回大阪国際女子マラソン」(産経新聞社など主催)で5年ぶりの復活Vを果たした重友梨佐選手(29)=天満屋=の郷里・備前市内に、祝賀用の懸垂幕などが3カ所にお目見えした。

 懸垂幕は同市役所と備前焼伝統産業会館の2カ所、横断幕は重友選手の卒業した市立香登小近くの国道2号沿いに、それぞれ市が設置した。市庁舎の懸垂幕は長さ9メートル、幅85センチで、「祝優勝 備前市出身 めざせ!世界陸上」などとプリントされている。

 重友選手の選出が期待される世界陸上(今年8月、ロンドン)の選考結果が今月中旬に発表されるが、出場が正式決定した場合に市は新たな内容での付け替えも予定している。

 市役所勤務の頭巾佳奈さん(27)は、市立備前中時代の2年後輩で「全校朝礼では、重友さんの大会活躍が壇上で再三紹介され、すごい人だったと記憶しています」と話していた。