産経ニュース

自転車乗車時はヘルメットを 鹿児島県、全国初 中学生以下に義務化条例案

地方 地方

記事詳細

更新


自転車乗車時はヘルメットを 鹿児島県、全国初 中学生以下に義務化条例案

 鹿児島県議会の全会派は、中学生以下の子供が自転車に乗る場合、通学以外でもヘルメットを着用させるよう保護者に義務付けた条例案をまとめた。開会中の定例県議会に提出する。議会事務局によると、中学生以下を対象とするヘルメット着用義務化は全国初という。

 条例案は、県議会議長の呼び掛けで各会派の代表者が集まり作成した。罰則規定はなく、すべての人を対象に自転車利用者の損害賠償保険の加入義務化も盛り込む。

 鹿児島県警や県によると、平成28年に県内で発生した中学生以下が絡む自転車事故は63件だった。公立中学校では遠方の生徒には自転車通学が認められ、ヘルメット着用をしなければいけなかった。

 条例案の作成に携わった県議は「恥ずかしさはあるかもしれないが、自分を守るという点からも着用が進めば良いと思う」と話した。