産経ニュース

ヒエ塚古墳後円部、直径70メートル 天理市教委「大和王家と関わり深い」 奈良

地方 地方

記事詳細

更新


ヒエ塚古墳後円部、直径70メートル 天理市教委「大和王家と関わり深い」 奈良

 天理市萱生(かよう)町の前方後円墳「ヒエ塚古墳」の後円部が、想定より10メートル大きい直径70メートル規模であることが分かり16日、同市教委が発表した。古墳の全体像の解明につながる成果という。

 ヒエ塚古墳は、邪馬台国(やまたいこく)の女王、卑弥呼(ひみこ)の墓との説もある箸墓(はしはか)古墳(桜井市、全長280メートル)とほぼ同じ古墳時代前期前半(3世紀後半~4世紀初め)の築造。昭和52年と平成14、25年に行われた測量・発掘調査の結果、全長約130メートル、後円部は直径約60メートルと推定されていた。

 今回市教委が後円部北側で行った調査で、後円の周囲を囲う周濠(幅約5・8メートル、深さ約50センチ)と墳丘を飾る葺石を確認。これらの位置から、後円部は想定より大きい直径70メートル規模であることが分かった。

 市教委文化財課の村下博美主任主事(28)は、「築造時期や規模から、大和王家との関わりが深いことは間違いない。本来の大きさの解明に向けて引き続き調査を進めたい」と話した。

 19日午後1時半から、現地説明会が行われる。問い合わせは、市教委文化財課(電)0743・65・5720。